ロゴデザインの制作手順・ポイントまとめ

ロゴデザインの制作手順・ポイントまとめ

企業や製品に使用されるロゴは、企業の理念や特徴などを表し、ブランドイメージを認知してもらうためのものです。
企業戦略にも関わる部分なので、クライアントとの意思疎通がとても重要となります。
今回は、自分なりにロゴデザインの制作の手順、ポイントなどをまとめてみました。

 

1. ヒアリング2. コンセプト設計3. アイデアスケッチ4. ベクター化
5. 配色
6. 提案資料作成/プレゼン
7. デザイン完成
8. レギュレーション作成

 

1.ヒアリング

まずはクライアントからヒアリングをしましょう。
このヒアリングの段階で双方のイメージが共有できていないと、デザインの方向性が定まらなかったり修正がかさんでしまう事になります。イメージの相違が起きないよう、丁寧にヒアリングしておきましょう。

ヒアリング例としては、以下のような項目になります。

・ロゴの表記名・事業内容・企業理念・ターゲット・競合について・競合と比較した強み・販売戦略・ロゴの使用箇所・ロゴのデザインイメージ・ロゴの最終決定者

ヒアリングする担当者と最終決定者が異なる場合、各人でデザインイメージが違うことがあるので事前に相手側での意思疎通をお願いしておくと良いと思います。

 

2.コンセプト設計

 

ヒアリングした内容を元に、コンセプト設計を行います。
事業から連想できるキーワードを並べてみるポジショニングマップで他社との位置関係を分析する連想するイメージをムードボードにまとめてみる、などでデザインの方向性を決めていきましょう。
経験上ですが、「企業理念」や「競合と比較した強み」をコンセプトのメインに据えると制作しやすいと思います。

 

3.アイデアスケッチ

コンセプトを元に、手描きでアイデアスケッチをしましょう。方眼紙に描くと直線でスケッチできるのでイメージしやすいかと思います。

個人的には、以下を意識してアイデア出しをするとやりやすいです。

・「企業理念」や「競合と比較した強み」をビジュアル化・事業から連想した2つのキーワードを組み合わせる・作成するロゴのイニシャルにキーワードを組み合わせる

アイデアに詰まったときは、Dribbbleなどの参考サイトからロゴを参考にしたり、イメージに近い既存ロゴを模写したりするとアイデアがまとまりやすいです。

 

4.ベクター化

出したアイデアスケッチから、良いものをいくつかベクターデータ化しましょう。この時点では色はつけなくて構いません。いくつか試した上で、最終的には2~5案程度を目安に案を絞ると良いです。
フォントを使う場合は、いくつかパターンを出してみましょう。既存フォントをそのまま使うより、カーニングや文字の太さ、文字の角などを手動で調整すると良いです。

 

5.配色

ベクターデータの配色をしましょう。
制作前段階でメインカラーはある程度考えておき、ここで細かい配色の調整を行います。

 

6.提案資料作成/プレゼン

作成した各案をもとに提案資料を作成します。ロゴは完成データだけ渡しても説得力に欠けてしまうため、ここでデザインに込めたストーリーを伝えましょう。

 

7.デザイン完成

提案後、OKが出れば完成となります。

 

8.レギュレーション作成

ロゴ完成後は、レギュレーションを作成する必要があります。
下記事項など記載してロゴの取扱について決めましょう。

・カラー規定・最小サイズ・アイソレーション・禁止事項

レギュレーションが完成した時点で、ロゴ制作完了となります。

 


 

ロゴ制作手順とポイントについて、いかがだったでしょうか。
今回紹介した制作手順はあくまで一例で、実際の制作ではクライアントごとにフローに違いは出てくると思います。
ぜひこの記事を参考にロゴ制作に取り組んでみてください。